ザ・ビジネスモールの活用セミナー

●大阪商工会議所地下1階2号会議室 6月16日(金)14時から16時までセミナーに参加しました、はじめの15分ほど大阪商工会議所が運営しているビジネスマッチングサイト「ザ・ビジネスモール」についての紹介がありました。

◯ザ・ビジネスモールの活用について インターネットを活用した経営支援サービス販路拡大支援事業
(1)簡易ホームページとしても情報の発信するサイトとして利用出来ます、Yahoo や Googleの検索にも掛かり、SEO効果もあります。
(2)i タウンページの付加した情報として自動的に反映される。ビジネスモールだけ活用することでも今までの5倍弱アクセス増が可能です。

⚫スマホで売れる”ECサイトセミナーでは 講師 株式会社ロックウェーブ 岩波社長の最新事情の説明がありました。

◯サイトをレスポンシブECサイトへ楽に導入・移行する方法 通販事業 のお話し モバイル対応必要である。
1.ECでのモバイルに強い会社である。導入550サイト(ASP)
2.モバイルのマルチスクリーン対応商品を手掛けている(2010年ころから)

◯生産性の高いモバイルサイトを運営して行くことが課題であった。
1.2016年には完全にモバイルに以降した、レスポンシブの運用に2013に専門では日本では一番である。
2.時代のコンセプトに合わせ次のニーズ、少し先のものを手掛けて行く会社である。

◯目次 ECサイト市場最新トレンド
生産性の高い運用対策を取ることが大切である、100のインプットに対して300にすることでが重要である。
□既にネット接続はスマホがPCを越えている。世の中はまだこの事実を知らない。BtoBも同じである。
2016年の秋ころにモバイルがPCを越えた→事実を知る。PCは全体の25%である。

◯小手先の対応だけではダメ、モバイル対応 モバイルファーストの意識にする。
モバイルにする理由 PC対応だけでは、モバイル顧客の注文が出来ない。
アクセル数は確実にモバイルが多い セッション数は延びている。
Googleアナリティクスでアクセス解析をするとモバイルセッション数が確実に多い。

Googleのインデックスをモバイルで出来てないと勿体ない状態の企業は地方では多い。
※モバイル中心にするべきでる、モバイル向けのインターフェースにして行く。
小売り業は顧客ニーズに柔軟にパラダイムシフトに対応して行く。
まずは、今日のセミナーを通じて、モバイル中心の意識を以降して行く

◯モバイルのSEO対応についての説明
GoogleはレスポンシブWEBデザインを推奨している。
検索結果がPCとモバイルは2015年春から違う(モバイルフレンドリーアップデート)
モバイルファーストインデックスに変わります、近々 2016/11/5

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA