京北商工会依頼の技術的IT支援

粘り強く最後まであきらめない支援を常に念頭に置いて支援先の要望に対し真摯に受け止め困難な内容であっても自分の今できる努力をして支援先企業さんに感謝される立場でありたいと願っています。

・タイムスケジュール作成のさい時間割通りスムーズに進むように支援先に伺う前に必ずシュミレーションしています。

・支援は簡単な言葉で目線を合わせ、スピードを合わせて、を常に相手考え支援を行ってます。

・指導に使用するマニュアルは手順書として番号の順番手順通りに進めれば指導内容が実施出来るマニュアルを作成しています。

・マニュアル手順書を作成することで自分自身の理解度・指導力が向上します。

・支援先がITがさほど強くない場合は理屈で覚えるのではなく手順で覚えるように指導しています。

・相互学習機能(個別支援・セミナー講師)指導する立場ではありますが常に支援のための学習する相乗効果刺激を支援企業さんからいただいてます。

 

京北商工会依頼の技術的IT支援

京北商工会依頼の技術的IT支援