国立京都国際会館の庭園を散策しました。

国立京都国際会館 桜・さくら スペシャルデイズ2018 春の庭園特別開放(入場無料)4月8日日曜日10:00~17:00
さくらは散りつつありますが、庭園が開放される前の9時15分から30分間 私1人だけで散策しました、この特別感がいいですね(笑)

大きな池あります、まるでお堀のようです。

噴水もあり、開放日にしか見れないのは今日は貴重な1日になりました(^^)/

池に近づくと錦鯉がエサを求めて大きな口を開け私の方へ近づいてきました、人に慣れているようです。

池の中の桟橋のような通路を渡る池と国際会館の全体が見えて来ました。

国際会館の池から対面方向は島(山)のように見え景観が素晴らしいです。

梅の木も盆栽のように苔が生え剪定され手入れが行き届いているようです。

庭園の端の方まで来ました、緑の芝がキレイですね~

茶屋さんみたいですが何のハウスでしょうか、古民家みたいで風情があります。

庭園内のさくらは未だ未だ見頃があと1週間は続きそうです。見事に満開です。

■午前中は庭園内を散策して、気持ちがリフレッシュしました、やはりこのように落ち着く場所も必要です、またこのブログを通じて自然に触れ合うような投稿を致します、次回お楽しみにして下さい。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA