自社サイト集客法セミナー

大阪天満橋駅から歩いて10分のところのドーンセンターの4階セミナールームにて株式会社オルセル主催のSEO対策に関連するセミナーに参加してきました。
夕方6時から8時までの2時間でしたが新しい知識や情報を学ぶことが出来意義あるセミナーでした。

□特に役立つツールについて「NINT]商品で競合する状況を調べてくれる、売れ筋を理解する上で活用すると効果的であることが判りました。

□サイトへアクセス数を増やす施策として、1番効果がるのが検索上位、特に1位を目指す、それでも訪問者は1%程度しかないそうです。

1.スマートフォン対諾→モバイルフレンドリー モバイルファーストインデックス(MFI)2018,03,17から、スマートフォンサイトを最優先にページの充実を図る。
2.HTTPS(暗号化通信)効果(インデックスを優先的に行う)
・検索エンジンGoogleは「HTTPS(暗号化通信)SEO(検索順位)の判断基準になる。
・Googleが公式発表:HTTP(暗号化なし)よりもHTTPS(暗号化通信)の方が高く評価される。
3.サイトの表示速度(切替え速度)2秒以内にする。(画像を圧縮する)
4.サイト内部構造を整備する。
・パンのくずリストを表示させる。
・階層は浅く(2階層が理想)
・サイトマップを使い分ける(人用HTMLサイトマップ、ロボット用XMLサイトマップ)
・各種SNSボタンを設置する。

□キーワード選定の4つのポイント
・各種ツールを使って調べる。
キーワードプランナー(関連キーワード) goodkeyword(サジェストキーワード) Ubersuggest LSI Grgph(関連キーワードを探す)
・ライバル会社のサイトを調べる。
・ロングテールキーワード(検索の70%を占める)を狙う。複合キーワード
・「おすすめ」「送料無料」購入キーワードを入れる。商品名+送料無料 激安 通販

□内部施策(タイトルタグ、H1タグ)
・必ずキーワードを入れる。文章の前の方へ。
・キーワードは1つ+関連語を2つ程度。
・クリックしてもらうような内容で作る。
□商品ページ
・キーワード(商品名)、又はタイトル
・カテゴリ(パンのくずリスト)を検索キーワードを考える。
・イントロダクション (150~300文字)ターゲットとなる文字を使用
・テキストの分量はしっかりと、商品の特徴やベネフィット表現で(1000~2500文字)

オルセルの無料セミナーは不定期に開催されますが、都合がつく限り必ず参加しています、とても良心的なセミナーで出し惜しみせずいつも誠実な感じで信用信頼のある会社です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください