ITC協会 会長講演のセミナーを受講しました。

5月12日土曜日午後3時からITC京都主催のセミナー参加しました。場所は京都市生涯学習総合センター

◎前半は近畿経済産業局の次世代産業・情報政策課 森下氏の説明で~IoT社会に向けて実情と展望~の講演でした。
今、何が起こっているのか? ~技術のブレークスルー~

●実社会にあらゆる事業・情報が、データー化・ネットワークを通じて自由にやりとり可能(IoT)
●集まった大量のデータを分析し、新たな価値を生む形で利用可能に(ビックデータ)
●機械が自ら学習し、人間を超える高度な判断が可能に(人工知能 AI)
●多様がつ複雑な作業についても自動化が可能(ロボット)
※⇒これまで実現不可能と思われていた社会の実現が可能に。

□この技術のブレークスルーは、 ~第四次産業革命~
①大量生産・画一的サービスから、個々のニーズに合わせたカスタマイズ生産・サービスへ(個別化医療、即時オーダーメイド服、各人の理解度に合わせた教育)
②社会に眠っている資産と、個々のニーズを、コストゼロでマッチング(Uber , Airbnb等)
③人間の役割、認識・学習機能のサポートや代替(自動走行、ドローン施工管理・配送)
➃新たなサービスの創出、製品やモノのサービス化(設備売り切りから、センサーデータを活用した稼働・保全・保険サービスへ)、データ共有によるサプライチェーン全体での効率性の飛躍的向上(生産設備と物流・発送・決済システムの統合)を可能にする。

◎後半はITコーディネータ協会の会長 澁谷氏の講演セミナーでした。
「第二創業計画」の精神と進め方ポイント
1.「第二創業計画」の心
2.2万人 ITC構想について
3.ネットワーキングの強化戦略を立てるうえで
4.階層化、あるいはITコーディネータアソシエイツについて
5.企業内ITコーディネータの活かし方について

(まとめ)
昨年もITC京都のセミナーに参加しましたが、ITC会長の澁谷氏のお話は面白く大変参考になりました、外部情報を知る上でもこのようなセミナーにはこれからも積極的に参加しようと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA