「知恵の経営」評価に係る意見聴取会議

知恵の経営 意見聴取会議

知恵の経営 認証までの流れ

①報告書作成 → ②京都府へ認証申請 → ③意見聴取会議 → ④京都府知事による認証
※今回①と②と3月4日(月)京都産業21の1号館4FのG会議室にてプレゼンを行いました。
これで③が完了して、最後の4月初めに④京都府知事による認証の連絡結果待ちです。

知恵の経営 プレゼン資料

□評価項目: (京都府HPより)以下を参考にして下さい。
○知恵の評価 ・保有する「強み」(知恵)の特異性
・保有する「強み」(知恵)の競争上の優位性
・保有する「強み」(知恵)のターゲット市場の規模、成長性への適合性
○知恵の把握と活用
・「強み」(知恵)と「弱み」(知恵の活用を阻害する要因)の適切な分析と、自社の真の「強み」(知恵)への気づき
・実現可能な、「強み」(知恵)を活かした経営戦略、事業計画の作成
・事業計画の現在及び将来の市場環境への適合性
・経営方針、経営戦略と事業計画との整合性
○知恵の開示
・論旨の一貫性。定量情報と定性情報を関連づけた納得できる説明
・報告書の使用目的に応じた「強み」(知恵)の説明
・写真や数値、実際に発生した事象などを用いた具体的かつ信憑性のある説明
・報告書の読み手の明確さと読み手の評価項目を踏まえた記載
・専門的知識のない者にも理解できるような分かりやすさ
・成長発展に向けてのサクセスストーリーの明確さ

知恵の経営 プレゼン発表のまとめ

□プレゼンする全16ページを説明ページ毎に囲み、10分以内に終わるよう修正を重ねて仕上げました。実際、本番では上手いこと9分15秒ほどで発表できて本当に良かったです。

知恵の経営 Q&A準備資料

□京都商工会議所で2月27日に模擬プレゼンの練習があり、質問内容を予測して各ページごとにQ&Aを作成し準備に備え、質疑応答に望みましたが、Q&Aの準備資料から質問は一つもありませんでした。しかし当日は無難なく質問に対して解答出来ラッキーでした。

【まとめ】
知恵の経営 プレゼンも終わり、今はホットしています、本報告書作成は思っていた以上に大変でしたが、チャレンジした事により個人事業主ではなかなか経験出来ない、緊張感を味合うことが出来て清々しい達成感があります。
4月の初めに認証されるのを信じ、知恵の経営から導き出された、お店の活性化に向けた改善・改良にまじめに取り組んで行きます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください