Win7からWin10へアップグレード dynabook T351/46CB 2011夏モデル

アップグレード作業

古い機種をWin10 へ無償アップグレード

東芝のノート型パソコンは2011年製の商品です。Win7からWi10のアップグレードは未対応です。パソコンの動きがかなり遅くハードウエアも同時にアップグレードが必要です。
今回オフラインで作業を進めました。このパソコンのスペックは以下のようになっています。

dynabook T351/46CB 2011夏モデル
OS Windows7HOME Premium64ビット版
CPU インテルCore i5-2410Mプロセッサー
メモリ/HDD 4GB(2GB×2)最大8GB/640GB

1.ハードディスクの構成確認

■HDD:640GBのハードディスクの構成を「Paragon Hard Disk Manager 14 Professional」を使って確認しました。
①System 1.4GB、 ②windowsのシステムの(C)ドライブ300GB、③未割り当ての領域が294.7GBの構成です。

ハードディスクの構成

※640GBハードディスクを有効活用していない?未割り当て領域があるのが不思議です。

2.ハードウエアのアップグレード作業

■メモリを増設4GB→8GBへ入れ替え(アマゾンで購入しました→こちら

メモリの取り外し

※2GBが2枚を取り外し 4GB×2枚を取り替えました。

■HDDをSSDに交換作業(SSDアマゾンで購入しました→こちら

HDDをSSDへクローン作成

※この機器は「ITPROTECH HDD/SSDクローンスタンド」です。パソコン不要でボタンワンタッチで簡単にクローン複製が出来ます。
コピーの進行状況は本体のインジケーターで確認出来約4時間でクローン作成完了し、HDDからSSDに取り替えました。

SSDへ交換

3.Win10へのアップグレード作業

■このノートPCのDVDドライブではWin10アップグレード用DVDは読み込みできなかったのでUSB接続のDVDドライブでインストールを開始します。

Win10ISO-DVD

■重要な更新プログラムをインストールします。○今は実行しない を選びます。

Win10への作業1

■ 問題が発生しました。このPCにWindows10のインストールを続行できる十分な容量があるがどうかを確かめることができません。セットアップをもう一度実行してください。
空き容量が80GBほどしか無く、不要なソフトを削除して空き100GB確保してWin10のアップグレード再度実施しました。

Win10エラー発生

■アップグレードが順調に進行しています。

プWin10へのアッグレード作業は順調です。

■Win10へのアップグレードが完了しました、メモリ8GBなりSSD交換して無事認証されました。

Win10認証

4.まとめ

■今回私に依頼された方は2011年製の古いノートパソコンをWin10へのアップグレード出来ないと諦めていたそうです。動きが遅く何とかしたいという思いがあったそうです。

依頼された方から下記のメッセーシをいただきました。
パソコン本当に驚くほどサクサク動きます。 ありがとうございました。 仕事が捗ります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください